パワフルメモリアル
名前
本文
**
24 名前:しょうきち 投稿日:2019-11-07 08:47:49 (木)
ライラック様。コメントありがとうございます。
詩織の扱いは大分悩んだのですが、本編のような感じになりました。そして、やはり水原勇気を思い出してくれましたか。ウフフフフ。
因みに、やたらと詳細に描写している詩織のピッチングフォームですが、ドカベン里中智のフォームをそのまま持ってきています。さすがにドリームボールもスカイフォークも使いませんが、後に詩織ならではのオリジナル変化球を習得するエピソードを入れようと考えてます。
23 名前:ライラック 投稿日:2019-11-07 06:21:25 (木)
詩織もピッチャーやってたんですね。
リリーフエースで使えそうです。虹野沙希と二人で中継ぎ押さえでいけるかも。
詩織のアンダースローで、野球狂の歌、水原勇気を思い出します。ドリームボールを武器に相手打線をきりきり舞い。
22 名前:ライラック 投稿日:2019-11-02 00:57:41 (土)
こんばんわ

私の失礼な感想をお許しください。
でも思ったことをそのまま伝えるのが本当だと思います。一番困るのは感想文なしですね、読んでくれているのかどうかもわからない、一応閲覧履歴が日に日に増えてるので読んでくれてるんだろうな程度です。
それでは失礼します、以後も感じたことをそのまま感想するかもしれませんがよろしくです。
21 名前:しょうきち 投稿日:2019-11-01 21:47:57 (金)
うわ、何か誤字が多い……。恥ずかしいです。
20 名前:しょうきち 投稿日:2019-11-01 21:46:44 (金)
ライラック様。いつもコメントありがとうございます。本作のヒロインとは、どういった意味でしょうか?
公人にとっての想い人という意味のヒロインであれそ、もちろんそれは詩織です。
しかし、本作のストーリー、即ちときメモヒロインズと共に甲子園を目指すという青筋の上では、ヒロイン(ヒーローの女性版)は、野球部をマネージメントする立場の沙希となります。
また、好雄にとってのヒロインであれば夕子だったり美緒だったりするのでしょうし、できれば未登場の鏡さんや伊集院レイなんかも含め、みんなに出番のある群像劇にしていきたいと思っています。
これで答えになっておりますでしょうか?

また、微エロ要素、正直入れたいところではあるのですが、程度が難しいです。女の子にモテたいというのはときメモ主人公である公人の基本設定と言ってもいい部分なのですが、本作は、あらゆる登場人物が野球バカであるという設定をプラスされています。そのため公人も女好きではあるものの、野球に対しては常に真摯です。
詩織も本作に併せ基本設定を弄くってます。どういう育ち方をしてきたかについては、字解じっくり語らせていただく予定です。

私も本作手探りで書いているものですので、無関心よりも称賛が、そして称賛よりも苦言か嬉しいです(ノムさん感)。今後も感想戴けますと、幸いです。
19 名前:ライラック 投稿日:2019-11-01 19:16:02 (金)
待ってました、詩織登場。
このパワメモは誰がヒロインでしょうか?
少しくらい微エロ要素もあってもいいのではとか思ってしまう。
元々ときメモは全年齢設定ですけど。
主人公は女の子にもてたい願望だからラブコメ要素も欲しいかも。
Gにジャンにショートパンツこれも、GジャンはときメモでもGジャン姿の詩織があったような記憶があります。
詩織は公人に何で呼び出されたか伝えられていなかったからミニスカートで来ても不思議じゃないと思います。

勝手なことばかり書き込みましてすみませんでした。
これは私が思ったことを正直に言ったまでで、エロ要素のないのもまた面白いと思います、次回以降も楽しみにしていますそれでは完結目差して頑張ってください。
18 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-29 12:31:55 (火)
ライラック様。
コメントありがとうございます。近年のプロ野球も良いのですが、記憶に残るような濃いエピソードはやはり昭和に多い気がします。今年の日シリは巨人対ホークスでしたが、この組み合わせでホークスが勝つのはなんと杉浦忠の4連投4連勝・涙の御堂筋以来59年ぶりだとのことです。両チームとも毎年日シリに出ているようなイメージでしたが。
野球選手の人生も様々で、江夏は後に覚醒剤で捕まってしまいましたが、後に解説者として復帰しています。清原も何とか更正して、球界に足跡を残してほしいものです。
17 名前:ライラック 投稿日:2019-10-28 22:32:28 (月)
第11話読ませていただきました。

随分プロ野球に詳しいですね。それも古い昭和時代の。
江夏の21球はユーチューブを見て知りました、今でもまだ削除されずにある筈です。
あれを見ていて確かにすごい内容ですが、江夏一人の力ではないと思います。
いくらか野球の神様がみかたしてくれたかもしれません、ツキもあったし、特に衣笠がマウンドに駆け寄り江夏にアドバイスした言葉に感動しました。
なんにせよ実に1球1球すごく内容のある投球でした。
私はカープファンではありませんが、衣笠選手の野球人生に感動しています。もしかしたら一番好きな選手だったかもしれません。

其れでは次回以降頑張ってください。
16 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-08 19:01:58 (火)
ライラック様。
コメントありがとうございます。
ドカベンはリアル系(あくまで、「系」)スポーツ漫画のエポックメイキングだと思います。
巨人の星みたいなトンデモ野球と一対一の対決を軸としたストーリーを中心とした話が主流だった時代から、純粋にそのスポーツそのものを楽しんで、極めようとする作品が世の中に沢山生まれたのは、ドカベンの役割が大きかったと贔屓目抜きにに思ってます。
後の時代のキャプテン翼、スラムダンク、MAJORなんかは、それぞれの作者が水島新司の影響を公言しています。
ドカベンも昨年ドリトナ編が終了し、大御所レベルの野球漫画が減っております。
そんな中、ゲッサンで連載中のMIXの安定した面白さにほっこりしております。こちらも、もう年齢的にあだち充の引退作になりそうです。

因みに、公人達のキャラを一瞬で食ってしまいそうなので、山田や岩鬼の出演予定はありません。
15 名前:ライラック 投稿日:2019-10-08 12:36:27 (火)
追記

朝比奈夕子ー朝日奈夕子。
ご指摘ありがとうございました。
一応修正はしたつもりです。
14 名前:ライラック 投稿日:2019-10-08 12:34:11 (火)
第7話ご苦労様です。

ドカベンはもう随分古いですけど、アニメもコミックも完全読破してます。
山田太郎が主人公でしたが、私個人としましては岩鬼君のファンでした。作者は南海ホークスのファン。

あだち充はヤクルトファン、というのはよけいですが。
あだち作品ではやはりタッチとクロスゲームが最高の傑作でしょうがどちらも甲乙つけがたいです。

さてこの後どのような展開になるのか予測できませんが楽しみにしています。
13 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-04 00:00:56 (金)
・4話、虹野さんのトレーニング・メニューについて
虹野さんの作ったトレーニングメニューですが、これはMAJORに出てくる海堂高校の夢島(三軍)のトレーニング・メニューと、セレクション受験の際の試験内容を一部、組み合わせたものです。正直、いくら一流高でも、毎日30キロとか走るのはやり過ぎな気がします。レギュラーの芽がない人を体よく追い出そうとしてるんですかね。
あ、ときメモ本編でも清川さんが毎日50キロ走ってるんでしたか……。
12 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-03 18:57:39 (木)
・2話、3話におけるH2ネタについて
下記、ライラックさんとのお話のとおり、虹野さんと公人のくだりはH2における古賀春華と国見比呂のやり取りを下敷きにしています。
また、3話に出てくる上武医院は、H2に登場し、無免許がバレて捕まったヤブ医者です。こちらもダイジョーブ博士と同じ元ネタ(フランク・ショーブ博士、トミー・ジョン手術の開発者)なので、親和性が高くなるかなと思い同話に出演させることにしました。
11 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-03 17:52:08 (木)
・3話、紐緒さんについて
パワプロユーザーにとっては説明不要、ダイジョーブ博士の登場回です。元々キャラ造形が紐緒さんと同じ根っこなんじゃないかと思えるほど親和性が高いので、本作における紐緒さんは、ダイジョーブ博士の弟子というかアシスタントのような役割にしました。
ゲドーくんの中身、加藤姉妹みたいな立ち位置かも。
10 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-03 16:50:42 (木)
・2話における、虹野さんのフォームについて。
虹野さんの投球フォームは、『昔のド根性系野球漫画の……』と描写しています。
これは、巨人の星の星飛雄馬をモデルにしている……と見せかけて、星飛雄馬のフォームに憧れて、足を高く上げるフォームで投げていた、西本聖(実在選手、元読売ジャイアンツ、投手)をモデルにしています。
西本聖は、巨人へはドラフト外での入団でしたが、並外れた練習量と野球への真摯な姿勢が実を結び、80年代において江川卓と並び立つ巨人のエースと呼ばれた選手です。
こうした努力と根性で這い上がった野球人生から、本作における虹野さんは西本聖のファンということに設定しています。
9 名前:しょうきち 投稿日:2019-10-03 16:40:01 (木)
パワフルメモリアルを読んでいただいた皆様。
このようなHシーンの無い小説に目を通していただき、ありがとうございます。

本編も話が少しずつですが進み、いいね数が累計で100件と、節目を迎える事ができました。
この辺りでひとつ、本編中であまり詳しく触れていなかった元ネタについて解説していきたいと思います。

・1話に登場した、土井垣、北、不知火について。
三人ともドカベンの登場人物です。土井垣、北は主人公勢である明訓高校の先輩野球部員、不知火は明訓高校最大のライバルであり、白新高校のエースです。
特に不知火は、ほぼワンマンチームで、プロレベルの選手を5人も抱える明訓高校とギリギリの勝負を計5回繰り広げている程ですので、段々成長を重ね、最終的には球速コントロールスタミナ変化球の全てにおいて化け物じみたスペックを誇るスーパー野球選手へと成長していきます。今後も筆が乗ったら登場するかも。
8 名前:しょうきち 投稿日:2019-09-27 23:07:23 (金)
ライラック様

コメントどうもありがとうございます。
旅立ちの詩はプレイしたことがなく粗筋くらいしか知らなかったのですが、なるほど連想していただけましたか。

大真面目に運動部方面に特化して話を進める関係上、やはり清川さんの登場は不可欠と判断しました。
あと数話くらい、清川さんを軸にした話が続きます。

楽しんでいただけますと幸いです。
7 名前:ライラック 投稿日:2019-09-27 15:37:40 (金)
パワフルメモリアル第5話読ませていただきました。

公人と好雄が清川さんのコーチでランニングに精を出すは、旅立ちの詩を思い出しました。

藤崎詩織ルートと館林美晴ルートがありまして、どちらも感動したのを思い出します。
相変わらず主人公の鈍感さにイライラしましたけど、よかったと思います。
6 名前:しょうきち 投稿日:2019-09-15 14:16:48 (日)
ライラック様。

言われてみれば、実際に野球をプレイする女子としては、月島青葉がいましたね。
クロスゲームは序盤までしか読んだことがなく、あまり意識しておりませんでした。
今度読んでみたいと思います。

次話以降は構想中です。みんな大好き・藤崎詩織の本格登場は、もう少し後かも。
5 名前:ライラック 投稿日:2019-09-14 19:48:10 (土)
( ノ゚Д゚)こんばんわ

微エロ、パンチラとキスまでなら18禁にはならないと思います。
妄想もある程度までなら大丈夫でしょう。
タッチの原作は全年齢設定でしょうが、結構エロいところがあったような気がする、パンモロ、ブラモロ、キス、乳首チラ、お風呂、などなど。
でもブルーさんに確認した方がいいかも。

それから虹野さんとの下り「H2」じゃなくて私はクロスゲームを思い出しました。
月島青葉と虹野沙希が重なった。
それとクロスゲームのコミックのほうでは月島青葉のパンチラ多数?

だからタッチとかクロスゲーム程度の微エロはセーフだと思う。
では次回も楽しみに待ってます。


4 名前:しょうきち 投稿日:2019-09-14 15:40:10 (土)
ライラック様。

コメントありがとうございます。
虹野さんとの下りは、タッチと並ぶあだち充の名作、「H2」のパロディです。
初めはHシーンありで構成を考えていたのですが、こういったネタを色々考えている内に、だんだんそぐわないかなと感じられるようになってきて、非18禁とすることにしました。
もしご期待されておりましたら、すみません。
ところで、あまり厳密には18禁とそうでない作品の区別が分からないのですが、(特に、最近のweb漫画等を見ていると)このサイトにおいてはどの辺りがボーダーなのでしょうか。
ブルーさんの見解を伺いたいところです。
(流石にパンチラ程度で18禁とはならないのでしょうけど)
3 名前:ライラック 投稿日:2019-09-14 12:15:54 (土)
第二話読ませていただきました。

虹野沙希の性格がよく伝わってきます。
沙希のパンチラいいですねー。

そして詩織とのこの後の展開楽しみです。

それから一つ気になった点ですが、これは18禁じゃないのでしょうか?
2 名前:しょうきち 投稿日:2019-09-11 07:44:39 (水)
ライラック様。

コメントありがとうございます。
援交の方は実はプロットは大体あるのですが、最近ネタの取材不足でどうしてもモチベーションが上がらず書けずにおりました。
しばらくは、夏の甲子園を見ていて思い付いた、こちらを書いていこうと思います。
1 名前:ライラック 投稿日:2019-09-11 01:53:17 (水)
パワフルメモリアル読ませていただきました。

やっぱりときメモは詩織が一番です。
この後どういう展開になるのか予測出来ませんが楽しみです。

援助交際ゆうこりんはあれで終わりなのかな?
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。
since 2003 aoikobeya 問い合わせ