イラスト・小説投稿サイト
登録者数: 70
lion
作品閲覧
あまえんぼ
素晴らしき国家の築き方
彼女が奴隷になった理由-女盗賊シルフィと眠らない島-
プリンセスクエスト 羞恥と屈辱の姫君
Le dernier saint chevalier
聖華女学院高等部公認竿おじさん2
椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪
ナンパビーチを誰とでもヤリまくり
2
create
2019/07/19
today
5
total
962
good
5
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

放課後由紀夫は、担任の教師にどこかのクラブに入部すればいいといわれたので、そこらの活動中のクラブを見て回ることにした。

やはり気になるサッカー部から。

部員は練習中のようだ、それを見守ってるのが多分おそらくマネージャーだろう。

「こんにちわ」
マネージャーらしき女の子に声をかけた。

「こんにちわ^^」
と笑顔で挨拶された。

(なるほど、この子が詩織ちゃんの幼馴染をスカウトしたんだな、爽やかな感じで好感が持てるなあ)

「あなたが噂の転校生かな?」
「噂か何だか知らないけど、今日転校してきた栢木由紀夫ですどうもです」
「で、どこのクラブに入部しようか迷ってるのね」
「まそうですが、まだ決めてません、理想は帰宅部」
「うふっ帰宅部ね、」
「ところでさ、高見ってどの子かな?」
「ん?高見君ねほらあそこ」
と指をさして教えてくれた。
「高見君は才能があるのよ、それにすごく頑張ってる、頑張る人は応援したくなっちゃうの」
「うんうん」

由紀夫はその高見を見て

(負けた、超イケメン運動神経もよさそうだし、勝ち目ないなあ、でももう藤崎詩織ちゃんとはなんもないからチャンス)

「私サッカー部のマネージャーやってる虹野沙希」

虹野さんは由紀夫に話はしてくれるが、視線の先は高見のほうしか見ていない。

「虹野さんは、もう何人もスカウトしてるの?」
「違うよ、スカウトしたのは高見君だけよ」

「じゃ他のクラブも見たいから・・・」
「ウンそれじゃまたね、見学ならいつ来てもいいよ」

さすがに由紀夫をスカウトする素振りも見せなかった。
そりゃそうだろう、どう見ても運動音痴っぽいし、顔だって並以下、背丈も男としては低いほうだし、卒業するまで彼女一人もできないのではと本気で思った。

詩織ちゃんは確かテニス部だと早乙女ワルオが教えてくれたので、もう他を見ないで帰ろうかと思ったけど、テニス部だけでも見て帰ろうと思った。




作品の感想はこちらにおねがいします
5
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。問い合わせ
since 2003 aoikobeya