Twilight Cat's -猫娘と人間の欲情日記-
Charming Mate ~女王サキュバス育成日誌~
ハッスルタイム!
生徒会長アナル快楽堕ち ~完璧お嬢様がケツマゾ便女当番に~
僕の種付け学校性活2〜図書委員の後輩編〜
水泳部エースの彼女が先輩DQNにNTRれた話
日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
ララと奇妙なダンジョン
ラスボス
作者:ライラック
03. タイトル未設定
<< 前へ   次へ >>
3/27

由紀夫は下校した。
テニス部も見ておこうと行ったけど、女子部員に睨まれた。

「ちょっとあんた何しに来たの覗き?」
「い、いや、その、そんなんじゃなくて」
「めちゃ怪しい、」
「ごごめんなさい、失礼します」
と逃げるようにテニスコートから逃げてきて帰路に。

怖かったなあ、でも詩織ちゃんのテニスルックちらっと見ただけだけど、ラッキー
虹野さんもかわいかったなーあんなかわいい子にスカウトされたら行っちゃうよなあ。
虹野さんもメンクイかな?それとも高見とかいう詩織ちゃんの幼馴染が本当にサッカーの才能あるんだろうか?サッカーのことはあまり興味ないからルールとかもよくわからないし。

帰る途中に神社を発見、朝通学の時は気が付かなかったけど。
よし神様にお願いしようかな。
そう思って鳥居をくぐった。
神前に着いて、あっそうだお賽銭持っていない、もち金は二十円、これじゃ神様も願い事聞いてくれないかも。

この度は幣もとりあえず手向け山 紅葉の錦神のまにまに

小倉百人一首の句を詠んだ。

そして二十円賽銭箱に入れてから鈴を鳴らし礼をしてから拍手。

(どうか神様藤崎詩織ちゃんと恋人になれますように、お願いします)

願い事を唱えた。

【その願い・・・叶えてしんぜよう~】

「えっ!!何っ!!」

由紀夫はあたりを見たが誰もいない本当に神様が返事したのかな。

【文武両道の能力、それもどびっきりの優れた能力を与えてやろう、顔はそのまま、男前には出来んが、あとはお前の努力でそしてもう一つ精力も通常の男子より100倍にしてやろう】

神社を後にして、一人住まいのアパートに着いた。

本当にそのような能力が身についたのか。
その時はまだ信じていなかった。

それから異変が起きた。試しに教科書を見ると光速度で内容が頭に入っていく、一時間ほどですべての教科書を暗記してしまった。
学校に教科書持っていく必要なくなった。暗記しているのだから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

R18らしからぬ内容ですが、もう少しお待ちを。

感想を送る
4
<< 前へ   目次   次へ >>
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。
since 2003 aoikobeya 問い合わせ