まさか僕の美人妻が寝取られるなんて… ドスケベ店長種付け編
トンデヒニイル
72H耐久 絶対屈服宣言
坂崎さん×篠原さん=何人家族デスカ?
異世界ヤリサー ~お前のモノは俺のモノ~
満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~
旧作品パック
真夏のかげろう
ラスボス
作者:ライラック
08. タイトル未設定
<< 前へ   次へ >>
8/26

私藤崎詩織きらめき高校二年A組2月22日生まれ16歳

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月詩織たちのクラスに大阪から転校生が来た。
見た目は男子生徒としては背が低い方だと思う。
顔も詩織好みじゃない、他の女子生徒も新入生が来るという情報を聞いて、わくわくしてたけど、教室に現れるとみんながっかりモード炸裂。
最初はこの新入生は未来の恋人ではないと自信もって言えるかも。
でも私は誰隔てなく人には親切にするけど心の底から親切にしてるわけじゃない。
形式だけの親切です。
誰隔てなく接するからクラスのいえ学園のマドンナ、アイドル、なんて言われています。
そう言われるのはうれしいけど疲れます。
私だって高校二年生の女の子恋もしたいしエッチにも興味ある、みんなはそんなに思ってないけどね。

恋人は勿論いないけど、高見公人は幼馴染で将来この人と結ばれると予感してたけど、去年の5月に虹野さんに公人君さらわれちゃった、あれ以来虹野さんとは険悪モード。
一度もんく言ったけど『それは私が悪いのじゃないわ本人が嫌なら断ればいいこと、本人が私についてきたこと、藤崎さんが悪いのよ』

確かにそうかもしれない、公人君にちょっと冷たい態度してたかも。

栢木君は最初はどうも思ってなかったけど、日に日に好感が持てるようになった。

それによく見ると、そんなに悪くない、少年のような澄んだ瞳は他の男子生徒にはないし、勉強もすごくできそうだ、教科書全部暗記なんて通常の人間には絶対に真似ができない、頭がいいという絶対的証拠が期末テスト500点満点なんてきらめき高校野歴代誰も達成していない記録です。
それ以来彼を尊敬しちゃった。
感想を送る
2
<< 前へ   目次   次へ >>
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。
since 2003 aoikobeya 問い合わせ