イラスト・小説投稿サイト
登録者数: 68
lion
Twiiter
トピックス
弟の娘3 -おじへの嫌悪と
どきどきチケットチャレンジ!
元ギャルママが急にできた件。
ミルクまみれFL
先輩が僕にシてるコト2
異世界ハーレム物語~豪華絢爛!?王室親子丼!~
陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる2
カレとの約束2.5 DLO-08
2014年11月30日
today
1
total
644
【回顧】ジャパンカップ
 前日の雨の影響で思ったよりもタフな馬場に。こうなると軽い馬場を得意とするディープ産駒はかなり厳しい。ハープスターを本命にした予想もハズレを確信しました。
 ほぼ揃ったスタートから大方の予想通りサトノシュレンが先頭へ。タマモベストプレイが2番手。内からエピファネイアがつけて1コーナーへ。ここで隊列が決まってペースが落ち着くかと思ったら思いの外早い。1000メートルの通過タイムが60秒を切る程度。61秒を超えるスローを予想していただけにこれも想定外。
 ジェンティルドンナは好位の内々。まさに絶好のポジション。イスラボニータ・ジャスタウェイが続いて。前をいくエピファネイアは鞍上のスミヨンが持っていかれ気味でかなり折り合いに苦労。ハープスターはいつもより前目で、それでも中段の後方。天皇賞秋を勝ったスピルバーグ・デニムアンドルビーは最後方。
 レースに異変があったのは4コーナーに入ってすぐの地点。招待馬のトレーディングレザーが故障発生で後退。そのときにハープスターと接触する。
 よどみのない流れのまま直線を向いて、エピファネイアが追い出しを開始する。
 それに合わせて集団が横に広がり、エピファネイアが抜けたおかげでジェンティルドンナの前がぽっかりと開く。ジャスタウェイはスムーズに外へ。イスラボニータも距離を考えてか追い出しを待つ。ジリジリと馬場の真ん中をジャスタウェイ、伸びあぐねるジェンティルドンナをあざ笑うかのようにエピファネイアがラチ沿いをぐんぐん加速する。残り200メートルでハープスターとスピルバーグが差してくるがすでに時遅し。エピファネイアが後続に4馬身差をつけて堂々のジャパンカップ制覇を果たした。

 勝ったエピファネイアは強いの一言。スタミナ勝負に持ち込めたのはこの馬にとってプラスに作用した。有馬記念も出てくれば勝ち負けできる。
 タフな馬場で2着に食い込んだジャスタウェイはさすが世界ナンバー1。これで体調が100%なら勝てたかも。
 逆に3連覇を狙ったジェンティルドンナにとって今日のような馬場と流れはやはり厳しい。むしろ4着に入って頑張ったほうか。
 同じことが3着のスピルバーグ、5着のハープスター(故障した馬との接触がなければ3着はあったかも)にもいえる。これが例年のスローペース+ヨーイドンの瞬発力勝負なら結果はまた違ったはず。

 馬券はまったくのはずれ。外国人騎手+当日の馬場傾向は重要です。
 来週以降、ダートG1~二歳G1がありますが、あれはなんちゃってG1なので買う予定ないです。
 次回は有馬記念の予定です。
ゲーム】 【同人】 【芸能】 【競馬】 【アニメ】 【ヒロイン
名前
本文
**
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。問い合わせ
since 2003 aoikobeya