二次創作サイト
登録者数: 70
lion
トピックス
ララと奇妙なダンジョン
潜入先で倫理観ゼロの犯罪者に変態アナル舐め奉仕させられた結果
NTRハウス
あまえんぼ
素晴らしき国家の築き方
彼女が奴隷になった理由-女盗賊シルフィと眠らない島-
プリンセスクエスト 羞恥と屈辱の姫君
Le dernier saint chevalier
2015年04月19日
today
3
total
713
【競馬】皐月賞 回顧
 小雨がパラついた程度でレースを迎え一安心(?) パドックはあんまり見てなかったけど、とくに問題のある馬はいなかったような。
 スタートではサトノクラウンとドゥラメンテがやや出負け。それとは対照的に三強(?)の1角を占めるリアルスティールは無難な立ち上がり。ほぼ五分とはいえ小回りの中山では最初の位置取りが重要です。
 第1コーナーへ向けて横山典のクラリティスカイが先頭。3番のスピリッツミノルは出ムチを入れるも鼻を奪えず。予想より前目につけたリアルスティールが一瞬口向きの悪さを見せるも、あの位置は中山だとベストポジション。皐月賞にかける福永ジョッキーの意気込みが見て取れました。ドゥラメンテはスーッと後ろに。
 第2コーナーではドゥラメンテが後方2番手イン、サトノクラウンが後方4番手。自分が本命に推したブライトエンブレムは中段イン。ほんとはもう1列前が良かったけど、悪くない位置。
 ペースは1000メートル通過が59.2と、当日のタイムを考えると平均か平均より少し早い程度。口向きの悪さを一瞬だけ見せていたリアルスティールが落ち着いていたので、あー、リアルスティールが勝つな~っと思いました。正直、一番切れがある馬がリアルスティールだと思っていたので……。
 そして事件は4コーナーで起きました。
 インを上がっていたと思ったドゥラメンテが大きく外にヨレてサトノクラウンに接触。その後方にいた馬たちの前方をカット! かなり危険な騎乗です。
 しかも、ドゥラメンテ自身とんでもないコースロスをしたはずなのに、そこから他馬が止まったかのような加速。先に抜け出していたリアルスティールを並ぶ間もなく差しきってしまいました。
 これには唖然。自分の馬券が外れたことよりもドゥラメンテの加速力に驚かされました。ゴール前には追うのを止める余裕まであるとは……。
 ブライトエンブレムはインを上がって4着。人気を考えると頑張ったほうかな。
 リアルスティールの福永ジョッキーは105%の騎乗をしてたと思います。あれで負けては納得でしょう。
 以前のルールであれば、ドゥラメンテは降着、リアルスティールが繰り上がりで1着だったのではないかと思います。いまは脚色がいいとほとんど降着になりません。
 レース後、M・デムーロは騎乗停止。天皇賞春もアウトになりました。
 しかし、ドゥラメンテは強すぎる。このまま無事にいけばダービーも9割方勝利が濃厚なのではないでしょうか。
 人気を裏切ったサトノクラウンですが、出負けをしたことや第4コーナーでドゥラメンテのタックルを食らってバランスを崩したことを考慮すればまだ巻き返しは可能です。むしろ完璧なレースをして負けたリアルスティールのほうが距離が伸びるとやばいかもしれません。ブライトエンブレムは厳しいかな。
ゲーム】 【同人】 【芸能】 【競馬】 【アニメ】 【ヒロイン
名前
本文
**
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。問い合わせ
since 2003 aoikobeya